患者様の声 - 歯の治療で全身の治療を【脳歯科】

Patient's Voices 患者さまの声

症状実例 Examples

  • 認知症と義歯

    認知症と義歯 / いつも口をポカンと開けていた人が

    いつも口をポカンと開けていたHさん(70代、女性)。認知症はかなり進行していたと思われます。口の中を診ると、上下とも1本も歯がなく、入れ歯もはめていませんでした。 神戸 脳歯科TOPへ……

  • 認知症と義歯

    重度認知症が総入れ歯の装着で改善

    Mさん(70代、女性)は自分の名前もわからないほど重度の認知症で、自分がいる場所もわからず、治療に来ても、歯科治療室を徘徊してました。しかし、総入れ歯の装着で・・・ 神戸 脳歯科TOPへ……

  • 自発呼吸が回復した!

    D君(5歳、男児)は交通事故に遭い、心肺停止状態が30分続いたそうです。一命は取り留めましたが、脳挫傷で自発呼吸ができず、大学病院の集中治療室の中で人工呼吸器が装着され、その状態が1ヶ月以上続いていました。……

その他の症状実例を見る

患者様の声 Voices

  • 奥田雅也さん

      「ゴットハンド」という言葉はまさに藤井先生のためにある言葉だと思います。体に合う合わないを判定するOリングテストに始まり、1本1本の歯を丁寧に触ってわずかな違和感を修正することで劇的に変化する体調。まさに私は藤井先生の「ゴットハンド」によってひどかった肩こりや腰痛だけでなく、アマルガムの除去から体質まで、全身を改善して頂きました。仕事柄、数多くの医療機関を訪問してきましたが……

  • Y.Tさん/50代

    先日はありがとうございました。 まずはじめに藤井先生に今気になっている症状についてお伝えしました。 左ひざの痛み、首肩のコリ、歯を強くかみしめ緊張感があること。藤井先生が口の中を見て、瞬時に女性の先生に指示を出されて歯を少し削られました。処置をして下さった女性の先生から歯(奥歯の上の歯)がとがっていると緊張させるので少し削りますねと言われ、なるほどと思いました。そして、歯の先が丸くなると確かに……

  • Y.Kさん/40代

    歯が欠ける程の食いしばりは体のずれがあってバランスと取るためだから、そうしなくてもいいようにしてあげればいい。と言われ、まず実験してもらいました。(噛み合わせは関係ないとのこと) 口を閉じていれば横からおされても耐えられるのに、口を開けるとすぐに倒れてしまいました。横になって脚、腕と上げてもらうと右だけがかたくて途中で止まります。「右半身が全部やられている」と言われ、ほんの少し歯を削ってもらうと……

その他の患者様の声を見る